本文へスキップ

就業規則の作成や変更(改訂・見直し)、労務管理に関する相談や手続は森社会保険労務士事務所におまかせください。

TEL. 075-711-5688

〒606-0842 京都市左京区下鴨北芝町4番地2

御社の就業規則の作成や変更・改訂、労務管理は森社会保険労務士事務所におまかせください

森社会保険労務士事務所は、就業規則の作成・変更、労働社会保険手続や労務管理のお手伝いを通じて御社の発展に貢献します。

事業主の皆様、就業規則の見直し(変更)をお考えになりませんか

就業規則は作成したものの、事務所の書類棚に入れたままにしていたり、一応従業員がいつでも閲覧できるようにしてあるものの一度も変更することなく放置してある・・・というようなことはありませんか?
就業規則は従業員に周知することはもちろんですが、常に最新の法律に沿った内容でなければなりません。このような古い規定のままの改定されていない就業規則はトラブルになったときに会社側に不利になってしまいます。

就業規則の内容を最新の状態に保ち、会社の制度や会社の方針、従業員の服務心得などををはっきり明示することによって従業員の皆さんに安心して働いてもらうことができます。
この機会に一度お考えになってみてはいかがでしょうか。

森社会保険労務士事務所は、小規模な会社・事業所を応援します

小規模な会社や個人の事業所では事業主様は本業が忙しくて面倒な事務手続までやってられないと思っていらっしゃる方も多いかと思います。一口に事務仕事といっても、経理もあれば労務・社会保険事務もあり、業種によっては各種許認可申請業務もあるでしょう。

たとえば、労働保険・社会保険は毎年のように法律が改正され,手続も変更になったりします。申請書の書類だけを見ると簡単なようでも、別に添付書類が必要であったりと意外に面倒なものです。本来の業務が忙しい事業主様(あるいは奥様)がすべてをこなすのは大変な労力を必要とします。ましてや労災事故のような突発的な事態が発生した場合は、どうしたらよいのかわからない場合もあるかもしれません。

事務員さんを雇うという方法もありますが、小規模な会社・事業所では仮にパートでも1人の事務員を雇うのでも経費的に厳しいかもしれません。まして、経理担当、労務担当など複数の事務員を雇う余裕があるところはほんの一握りではないでしょうか。

私たち社会保険労務士(社労士)はこれらの業務のうち、人事・労務に関すること、労働・社会保険の手続に関する手続の専門家です。

事務員さん一人の日当の数日分の予算でこのような面倒な仕事から解放されます。そして、その分本業に励むことが出来ます。また、社労士は社会保険労務士法により守秘義務が課せられていますのでお客様の秘密は厳守いたします。ぜひ社会保険労務士に依頼することを検討してみてください。